シミを予防する美白ケアとは?

シミをキレイにしたい!って思ったときに思い浮かぶのは美白ケアですよね。
そもそも美白ケアはくすみや色ムラ、シミ・そばかすが気になる方が、その悩みを何とかするために化粧品やサプリ、食品でお手入れすることを指します。

つまり、できてしまったシミをなかったことにすることではないのです。
あくまで、将来シミができないようにすることなので、本来の肌より白くなることはありません。

美白ケアっていうと、期待してしまいますけどね。
シミは30代前半から後半にかけて急増するため、早いうちからケアする必要があります。

まずは原因と種類を理解しましょう。

シミの原因と種類

シミ・くすみの原因の前に、最初にシミの種類を知っておきましょう。

・老人性色素斑…紫外線の当たる部位に生じる輪郭のはっきりとしたもの
・肝斑…ほお骨のあたりに左右対称にできる
・そばかす…小さな斑点が鼻を中心に点在
・摩擦黒皮症…ナイロンタオルなど硬いもので擦った時の刺激で生じる

できる場所によってシミの種類は異なり、ケアも変わってきます。

シミとくすみの原因

次にシミとくすみの原因をみていきましょう。大きく分けると以下の4つです。

・紫外線によるメラニンの過剰生成

・肌の酸化

・ターンオーバーの乱れ

・血行不良

シミやくすみを予防するには、この4つの要因に気をつけてスキンケア、生活習慣を見直しましょう。
上記の中でも効果的なのは紫外線対策です。これを意識することで、メラニンの抑制、肌の酸化を食い止めます。
紫外線はシミ、くすみだけでなく、シワやたるみなど肌の老化につながるので、紫外線クリームはUVケアがしっかりできるものを選びましょう。

また、ターンオーバーは運動不足は冷えで血行不良になります。こちらもシミやくすみを引き起こす原因となりますので、スキンケアとともに生活習慣も整えていきましょう。

関連記事

  1. 春の紫外線量は真夏とほぼ同じ!おすすめのUVケア

  2. 40代から始める正しい美白ケアって?

  3. なんでシミができるの?

  4. おこもり中でも「日焼け止め」は絶対必要!加齢より光老化が怖い