ウィルスや花粉症に負けない!マスク荒れの対策法

今、新型コロナウィルスや花粉症の影響でマスクをつける女性が増えましたよね。それとともに増えているのが、マスク荒れです。マスクを長時間つけることで、ニキビや乾燥肌を悪化させることがあるんです。

今回は、マスク荒れのトラブルを解消するスキンケアを紹介します。

まず、ニキビからみていきましょう。

■ニキビ(吹き出物)
マスクが手放せない時期は、口から顎にかけてニキビができる方が急増します。
大人のニキビは、摩擦によって起こる特徴があるため、まずは刺激が少なくい柔らかいマスクを選ぶことが先決です。
そうはいっても、マスク不足でそれも難しいですよね。

そんなときは、コットンを肌に乗せてからマスクを着用するのがおすすめです。

また、メイク下地として、保湿に優れたクリームを使うと、皮膚を保護してくれるので、摩擦が軽減されます。

その他には、マスクの中の蒸れた状態で雑菌が繁殖すること。これもニキビを悪化させる原因です。
通気性の良いマスク生地を選びましょう。
それが難しい場合は、口周りに汗をかく度に、ティッシュでふき取る習慣を取り入れてみましょう。

■肌荒れ
マスクを長い時間していると、かぶれて赤くただれることがあります。
その他にも粉をふいたり、かゆみがあったり、お湯で洗顔すると刺激を感じる方が増えます。

炎症が起きているので、保冷剤などで冷やすことが専決です。
そのあと、たっぷりの保湿剤を使いましょう。

また、マスクを何回も使っていると、マスクに付いた花粉やホコリで肌が傷つきます。
マスクは清潔に、そして、洗顔をしっかり行いましょう。

■乾燥
マスクを外すと、肌表面の水分が蒸発するため、乾燥が進みます。

肌が乾燥すると表面のバリア機能が低下するため、細菌やウイルスが侵入しやすくなります。
結果、口唇ヘルペスができやすく、湿疹も起こります。

また、化粧のノリも悪くなりカサカサしだします。
肌の乾燥を防ぐには、保湿ケアが重要です。
化粧水をたっぷりつけて、乳液やクリーム等で水分が逃げないようにケアしましょう。

これからの季節は日差しが強くなるので、紫外線による乾燥ダメージも起こります。
保湿ケアは徹底しましょう。

関連記事

  1. 40代から始める正しい美白ケアって?

  2. 5分でできるながら美容