実は間違い?化粧水の正しい付け方はハンド?コットン?

あなたは化粧水はどうやって使っていますか?コットン派とハンド派に分かれますが、化粧水に形状に合わせて変えた方が効果を最大限に発揮します。

・化粧水にとろみのある場合→「手」
・化粧水がシャバシャバな場合→「コットン」

とおぼえましょう。

また、目元や口周りなどの細かい部分は手だと付けづらく塗り残しがおこります。
この部分もコットンを使いましょう。

また、年齢とともに水分量が減少し、乾燥しやくなるので高保湿成分の化粧水を選ぶのがポイントです。
エイジングケア成分が配合されているものも良いでしょう。

次にシーン別の分け方を紹介します。

寝る前はハンド

素手で化粧水を付けるときは人肌で温めてなじませましょう。これで浸透力アップ!
寝る前に浸透させたい場合におすすめです。
500円玉サイズを目安に化粧水を手のひらに取り、両手で温めるようになじませたら、乾燥しやすい頬・目元からケアしましょう。
目元は皮膚が薄いので、ソフトにさわりましょう。

手に余った化粧水は、フェイスライン、首筋、デコルテにのばして有効活用です!
最後に顔全体をハンドプレスして完了です。これで浸透力が増します。

メイク前はコットン

メイク前に、メイク崩れを予防するため肌を冷やす目的で化粧水を付ける場合はコットンがおすすめ。
肌への摩擦を心配する人もいますが、コットンは水分を含んでくれるので、気にしないでよいでしょう。
500円玉サイズを目安に化粧水をコットンになじませ肌に塗りましょう。
軽く最後にパッティングすることを忘れずに!
化粧もちが良くなります。

また、使用したコットンはそのまま首やデコルテなどにのばしましょう。

関連記事

  1. どうして加齢で肌は乾燥するのか

  2. カサカサ乾燥肌になる理由と解決策

  3. 実は間違い?洗顔後の化粧水の浸透タイムが乾燥につながるワケ